今日の 「のぼりん」

  「ぼりん、出た!」

  のぼりん正面

  NHKアナウンサー「登坂 淳一さん」

  常日頃は「のぼりざかさん」と言っているのだが、その顔を見た最初の一発目は「のぼりん」と呼んでしまう。
  しかし試しにテレビ越しに写真を撮ってみたものの、のぼりざかさんのオーラは、これではなかなか伝わらない。わかる人にはわかるだろうが。(今日は「キレル男」の表情で登場したのだが・・・)
  これでは、こっちの方がインパクトありそうに見えてしまう。

  はとやま「カエルの鳩山さん」

  藤井財務長官「でかい耳には金入る。藤井さん」

 
  まあでも、のぼりざかさんは見た目だけではない。

  そのがよい。
  落ち着いていて、暗くもなく、うるさくもなく、耳と神経にやさしく届く。
  また、ニュースの内容に合わせて、表情や声のトーンをやたらと変える人たちが多いが、ワタシはあれにどうも慣れない。例えばニコニコ顔で駅弁のニュースをしていたと思ったら、突然眉根を寄せるくらい顔になって殺人事件のニュースを読み出す。すると、何か、自分とテレビの間にズレが生じて、おいてきぼりを食らったような気持ちになる。そういうのが、のぼりざかさんにはないのがいい。少々の表情の変化が見られるだけだ。
  (しかし基本的には、ワタシはニュースはほとんど見ない。殺人とか不況だとか、暗い話が大半で、そんなのは聞きたくない。そんな話、ざわざしなければいいと思う。のぼりざかさんのニュースもほとんど内容は聞いていない。のぼりざかさんを見るためにTVを点けるのだ。)


           のぼりん最後

  ニュースを終えたのぼりざかさんからは、ちょっと和らいだ空気が流れる。

 

  


 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード