スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作


  青シソ

 GWに帰省した時もらってきた青紫蘇が茂り、うれしい光景だ。


 シソは移植を嫌うそうだ。それで昨年は失敗した。今年は鉢の中で小さく育ったのをそのままもらってきたのだ。

 適度に大きくなった葉を摘んで、納豆に入れ、サラダに加え、豆腐に添え、味噌汁にも浮かべる。シソの香りがする味噌汁は思った以上に気に入った。

 「鉢の中に一本残すぐらいがいい」
 間引きについての母の答えだ。

 それで昨日間引きに踏み切った。鉢の中がこんもり森みたいになっているのが良かったのだが、今後のことを考えて仕方ない。
 しかし、鉢に一本ということにはならず、五本くらい残してしまった。こんくらいあってもイケるかなあという気持ちがよぎってしまった。

 間引きしたシソたちは、引っこ抜くとき、すんなりとは抜かれませんからね、ここまで育ったんですからちょっとは踏ん張りますからね、というような抵抗をはっきり示した。刺繍糸ほどの太さの茎と短い髭のような根っこでもって示した。

 ですから、土の絡まった髭根っこは切ったものの、刺繍糸の茎は食べた。
 細くても繊維があるので細かく切って、炒り豆腐に入れた。


 葉を入れた納豆も、今回は自作。

   納豆①

 蒸した大豆に市販のパック納豆を混ぜて発酵させて作る。
 初めて作ってみてまずまずの出来だったが、もっと美味しく作れそうだ。
 安くて簡単でたっぷり作れる。冷凍できるので、これからはこれだ。

     納豆②

 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。