スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いやはや

 保有していた免許の更新講習を終え、最後の手続きを済ませようとする。

 
 更新するのに古い免許状のコピーがいる。今回私は3枚やらなければならない。さてコピーしよう。あれ、2枚、無い。
 ここにあるべき、ここ二しかないはずというクリアケースの中に、無い。一枚しかない。
 ケースの中にはそれほど多くの書類が入っていなかったので、確実に無いことが分かるのに1分もかからなかったのだが、何度も何度も確かめて5分。無い。どうみても一枚だけだ。それから、もしやと思われる場所もひっちらかし、「ちょっとちょっと」「どうしてよ」と言いながら探して30分。無い。

 しばしボンヤリする。

 記憶をたどる。
 免許状を去年の秋に2度コピーした。自宅でしたはずだ。しかしコピー機周辺にも免許状はなかった。
 もしやそのコピーを提出した所に置き忘れてきたのか?訊いてみようか。しかし忘れていれば、こちらの連絡先を知っているので連絡が来るはずだ。それでも念のため、恥ずかしいけれど訊いてみようか。

 メールで訊いてみようとHPを開く。
 メールフォームに行きあたるまでをサアーっと読んでいて、何かひっかかるものがあった。
 「B5のコピーを提出」
 B5?持っている免許状はA4。家のプリンターは拡大縮小ができない。・・・ん?

 「もしや」と思って一度PCを切り、最寄りのコンビニSに行く。
 商品出しをしている店員さんに、「確かではないのですが、去年の10月くらいに・・・」と言って忘れ物で免許状がなかったか尋ねる。
 「去年ですかあ」と言いながら、作業の手を止めて忘れ物を確認しに行ってくれる。
 
 コンビニSには、免許状はなかった。
 店員さんは、ごめんなさいと言ってくれる。
 まさか捨ててしまったのだろうか。その可能性は、自分にはありうる。

 Sを出て、もしやついでに、次に近いコンビニFに行ってみることにした。
 レジにいた店員さんに事の次第を言うと、お待ちくださいと言ってしばらく奥に消えた後、再び現れた店員さんは、「すみませんがお名前は?」と訊いてきた。
 名前を伝える。
 再び奥に消える店員さん。
 もしかしてもしかして。小さな希望うまれる。

 「こちらですか?」
 店員さんの手にあったのは、まさしくわたしの免許状2枚。
 お礼の言葉を大きな声で思いを込めて伝えたのは言うまでもない。

 いやはやしかし、そしてまさか。
 この1件をヒマしている母に話そうかとも思ったが、免許状をなくすなどということをするいい年を大いに過ぎた娘を心配させる方が大きいと考え、止めた。



 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。