スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 真冬並みの気温の日がまだあるが、日中の日差しにはしっかり春を感じるようになった。

 バイト先で動いていると、寒い日でも羽織ったカーデイガンを脱ぐようになり、厚めのタイツも鬱陶しくなってきた。

 朝起きるのにも、「さむいイヤイヤ」という身体の声がしなくなってきた。


 そんな中、一回り年上の友人から来たメールには、「初めて冬を惜しむ気持ちを自分に認めた」とあった。
 私はまだそのような段階には行っていない。
 だいたい冬に限らず「季節を惜しむ」という気持ちを味わったことがあったろうか。「桜が散っちゃったなあ」など分かりやすい確認はある。また「早く秋にならないか」と希望することはあるけれども。

 開いたある雑誌の中に生活評論家の吉沢久子氏が言っていた。
 「40代なんて子どもみたいなもの、50代からがおもしろくなってくるんです」
 吉沢氏は98歳。


 10年後の自分はどうなっているだろうか。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。