今日


 千秋楽を前に稀勢の里の優勝が決まった。

 ライブでのラジオ放送は聴けなかったのだが、7時のニュースのトップで取り上げられた取り組みの音源を聴き、拍手しながら「おめでとう稀勢の里」と言った。

 稀勢の里の横綱昇進が審議に上がるかもと言われている。すれば若乃花以来19年ぶりの日本人横綱とか。
 でも、昇進しなくてもいいと思う。
 わたしたちを楽しませてくれればいいと思う。
 
 力士たちが好取組をしてくれればいい。
 今場所だって、横綱二人が休場になり大関陣も芳しくなかったが、第一に稀勢の里だがその他若手も楽しませてくれた。
 幕下に安美錦ががんばっているのを知って、ちょっとうれしかった。
 だいたい近ごろ、四股名を聞いてもそれが日本人だかモンゴル人だかわからないことだってある。

 それでも日本人横綱が誕生したら、やっぱり相撲人気は高まるのだろうか。

 
 今日の千秋楽、稀勢の里・白鵬戦。
 稀勢の里、勝ってほしいなあ。

 


とち餅

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード