初夢


 新年になり初めて見た夢を初夢としてよいと聞いた。
 昨夜のが今年の初夢となる。

 登場人物は自分の他に、高校時代の友人や知らない幼女や知らない中年男性などだった。細部はもうよく覚えていないのだが、何かしら私たちは家の中で遊んでいた。家は東南アジアやアフリカ辺りにありそうな竹や大きな葉っぱで組み立てられたようなもので二階建てだった。ふいに私は外の異変に気付く。様子を見に行くと、玄関の前に獣たちがいた。コモドドラゴンみたいなやつや毛の生えた肉食獣といったやつが3,4頭いて、何やらムシャムシャと目を血走らせてがっついている。食べられているものはよくわからない、大き目の卵が見えた。しかし卵だけではないことは、血にまみれた獣らの口でわかった。真っ赤な口を動かしながら時々首を上げる獣の目は笑っているように悦びに満たされているように見えた。
 やがて奴らはこちらへ来るだろう。私たちを食べに来るはずだと私は思う。
 走って2階で遊んでいるみんなの所にそのことを告げに行くが、遊びに夢中の彼らの反応は薄い。
 そこで私は1人、どこかからライフルのような銃を取り出してくる。しかし撃ち方がわからない。
 それを見た中年男性(なんとなく西洋の外国人だった気がする)が遊びを止めて銃の操作を教えに来てくれる。
 いつの間にか他のみんなもそれぞれ手に様々な銃を持っている。
 そしてみんなで階下に降りてゆき・・・

 という所で目が覚めた。
 一番大きな印象として残ったのは、血みどろ。
 これが今年の初夢だ。



 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード