スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝顔

 

若い女の無心な寝顔ほど美しいものはない (中略) どんな美人でも寝顔の年はかくせない。美人でなくても若い寝顔はいい。




 『眠れる美女』を読み終え、とても面白かった。

 中に上のような文章があり2、3度読み返し、寝顔については、自分も興味があるようだと考えた。
 と言っても、私は他人の寝顔をいくつも知らないし、今まで寝顔を見る機会はあっても、じっくりと観察したことなどない。
 けれども今、「寝顔見ますか?」という誘いが来たら、のって行ってしまうと思う。
 そう考えてみると、見させてもらうのは、美しい寝顔の方がいい。私はまだ老人でないが、若い方がいいような気もする。自分は女だからか、美しい男性もいいと思う。写真ではダメだ。寝顔は生。たとえ死んでいるように寝ていたとしても、生がいいと思う。寝ているという感覚、細胞が生きている感じが欲しいのだろうか。寝ている人の素(す)の顔が見たいというより、ただきれいな寝顔を見てみたいと思う。
 それから、私はたぶん女性を好きになる性質ではないと思っているが、川端がほんとにうまいこと書いているからだろうか、私も作中の「眠れる美女の家」で眠らせれている若い女の、すいつくようになめらかでしっとりした肌の横に寝ることに、ちょっとばかし好奇心がおこった。

 ・・・  ・・  ・・  ・・  ・・  ・・  ・・  ・・  ・・  ・・  ・・  ・・

 昔観た映画をもう一度観る。3回目か?
 カッコーの巣の上で

 最初から最後までしっかり緊張感。
 面白かった映画10本に入る、かな。


 


  
 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。