豆鰺で

 買い物からの帰り、交差点から少し入った所に車を停めた中年男性と、小さめのバイクを停めた警察官が、何やら楽しげに談笑していました。警察官は腕を組み、男性は腰に手を当て軽く体を横にゆすりながら。特に男性の方は、思い切り笑っています。
 あの警察官はいつも、交差点の一旦停止違反を、じっとり見張っている人。私はすぐにわかりました。
 そして男性はきっと捕まった人なのでしょうが、なにをあんなに楽しそうに喋っているのか。
 交差点ではけっこう車が詰まっていたので、私はその二人を5分以上は見ていましたが、もうずーっと笑いながら喋っていました。で、停めてあった男性の車の窓が開いていたのですが、中に女性が二人、こちらも非常に楽しそうに笑っていた。で、車はエンジンがかけっぱなしだった、エアコン使うために。あの様子だと私が目に留める前から、そして見えなくなってからもしばらくは立ち話をしているはず、少なくとも10分以上は。
 捕まえた方と捕まえられた方が楽しく喋るのはいいけれど、停めた車のエンジンは切りなさい、と私は思いました。たとえ暑くても!じゃなかったら談笑ヤメ!!



    アジ南蛮


 金色に光るよさそうな豆鰺があったので、買って南蛮漬けにしました。
 正確に言うと、南蛮漬けの材料が鰺以外そろっていたので、いいものがあれば最初から買うつもりでした。

 豆鰺と言ってもわりと腹の幅のあるものが、パックに17匹も入っていました。自分一人用なので、ちょっと多かったのですが、毎日朝晩と食べればまず5日くらいで食べ切れると、買いました。

 豆鰺でも、大きな鰺と同じように鱗があるしゼイゴもはらわたもある。
 気温が高いので、氷で冷やしながら下処理をしました。
 自分で調理する時、鰺は好きな魚です。一番大きな理由は、臭いがそれ程強くないこと。
 切っている時はほとんど気にならないし、手に残ってしまう臭いも、臭いというより潮の香りに近いです。
 それと、鯖みたいにはらわたがいっぱい出ることもないのがいいです。
 そういう鰺を処理していると、なんというか、鰺はすなおなだと思います。鰺のゼイゴをすーっと削ぐのが、私は好きです。気持ちが良い。

 南蛮漬けは、とくに暑い時期に自分のために作ることは殆どありません。
 それは、揚げ物だから。台所で暑くなりながら油ものを作りたくない。
 今回は、ピーマンが沢山あったのに加えて、ゴーヤの漬物を作った漬け汁が残っていたことが決定させたのです。
 私は、漬物や煮物などの漬け汁煮汁が残った時に、それをなんの躊躇もなく捨てることができません。何かに再利用できないかと考え、大概再利用して、自分の体内に摂りこみます。
 ゴーヤの漬け汁は、醤油・みりん・酒・酢・昆布・生姜などっだったので、これに手を加えて量も増やして南蛮漬けの漬け汁へと変身。
 避けたい台所の暑さは思っていたほどにはならず、汗は吹き出しましたが垂れるほどのことはなし。たっぷりできました。
 
 朝食でしっかり3匹食べました。頭も骨も全部食べられます。箸で身を半分に切れる柔らかさです。白くなった身などを見て、やはり鰺はすなおと思う。頭を齧る時に、じっと見つめてはいけません。胡椒がちょっと利いて、ご飯もすすむ味でした。
 


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード