スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもしろかった

 分けたいほどあるヒマな時間を過ごすのに、読む本があるのと観る映画があるのは、ほんとうにありがたいことです。


 戦争映画を続けて観ました。戦争映画はあまり好きではないのですが。

 一つはラジオで紹介されていたもの。

 ブラックブック

 ナチス政権がまだはばをきかせつつも終わりに近づいている時期のドイツのユダヤ女性が主人公の話。
 策略・裏切りの止まないストーリー、人物設定もよく役者もいい。最後まで飽きずに面白く観ました。


 もう一つは、「おすぎが推薦してたから観たらよかったぞ」というセロリ師匠からの情報により観た韓国映画。

 高地戦

 これはほぼ男ばかりが出てくる、まさに戦場の撃ち合い殺し合いの映画です。
 こういうのは特にあんまり好きではないのですが、けっこう面白く観ました。
 ややコミック的な配役もありますが、こちらも役者達が良かった。
 主役は元チビノリダーの伊藤淳史に似ている。
 準主役の男性が、イキナリな感じで男前なのも(最初眼鏡をかけていたのに外したら・・・。銃で狙うのに目が悪いのはダメなんじゃないか、コンタクトは無いはずだし、かけていたのは伊達眼鏡だったというのか?等々考えもできるのだが)、これが必要だったんだよねと、まあ納得してしまいました。

 数年前にアカデミーを取ったハートロッカーなど、私には全然良さがわからなかったですが、この二つの戦争映画は他人にも薦められるかなと思います。


 ついでにこれも観ました。

 リトルプリンス 星の王子様と私

 主人公の女の子が綾瀬はるかに似ているというのが私の意見。
 特典のメイキングを観たら、こまどり撮影は一日かかって映画の1,2秒の分しか撮れないと言っていました。すごい根気のいる仕事ですが、人形を作ったりしている様子をみると、この人達きっとしあわせなんだろうと思いました。
 アニメ映画の面白さとしてはふつう、でしょうか。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。