Lady G

 買い物に行ったら、すごい脹脛(ふくらはぎ)を見ました。
 前を歩いていた父娘(3歳くらい)の二人連れ。
 お父さんの脹脛は、娘の頭部くらいはありました。しかもバンバンに張っている。お父さん、全体の体格自体立派だったですが、どうしたらあんな脹脛になるのか。あれは凶器です。あれで蹴られたら大骨折か、死にます。殺人脹脛。


 今日の話はそうじゃなくて”Lady G”なのです。
 LadyGの姿を見たのはこれで2回目でした。
 前回は、スパンコールの文字が洒落た感じで入った白いTシャツにシックなグレーっぽい花柄の少し裾の広がったミニスカート、白っぽいミュールを履いた足首に華奢なアンクレットが光っていました。
 今回は、無地に見えましたがやはり白いTシャツ(ぴったり目の)、白いカジュアルな感じのミニスカート、足元はグリーンの高さのあるサンダルでした。
 それで、LadyGの首から上なのですが、頭には何ということもないような白いキャップで、顔はお爺さんなのです。間違いなくお爺さんです。
 つまりLadyGは、お爺さんなのです。

 前回は横顔をチラッと見ただけでしたが、今回は一瞬ですが、前面から顔を見ました。
 目鼻立ちは印象にあまり残らないような薄い感じでしたが、上品なお顔をしていらっしゃった。
 レディでなく、マダムとお呼びしてもいいかと思いますが、オシャレに着られている服装がお若いので、私は”Lady”とさせて頂きます。LadyGのGは、まあおじいさんのGなのですが、本当は流れるような筆記体で表記したいのです。

 私はまだ2度しか拝見しておりませんが、LadyGはそこらあたりで既に有名なのかもしれません。
 ちょうど歩いてきた警備員のこちらもお爺さんでしたが、LadyGを目に留めるとそれから視線を離せなくなっていました。彼は初めてLadyGを見た感じ。LadyGには不潔な感じが全くなく、堂々としていてオシャレなので、それほど歳の変わらないであろう警備員爺さんは夢を見ている感じになってしまったと思います。

 
 吉本ばななのデビュー作の「キッチン」におかまのお父さん、エリコさんと言ったかな、が出てきます。エリコさんは確か死んじゃいますが、LadyGを見てさっぱりと気持ちの良い性格(私の記憶の中ではそうなっている)のエリコさんを思い出しました。




 
 

 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード