陽水聴きながらコロッケ

  ロッケ40個の注文が入った。
  作りながら「YOSUI TRIBUTE」を聴く。

   
YOSUI TRIBUTEYOSUI TRIBUTE
(2004/11/01)
オムニバス松任谷由実

商品詳細を見る


  ワタシの「陽水デビュー」のアルバムだ。といっても、これは「tribute album」なので、陽水ではない歌手が陽水の曲を歌っている。
  1年以上ぶりほども久しぶりに聴いたが、改めて「いいな」と思った。選曲もいいのだろうが、陽水より若い歌手たちが、それぞれの色を出しながらその曲に入り込んで歌っている感じがよく伝わってくる。
  ほとんど全て好きだが、特に集中して聴いてしまうのは、13曲目の「ジェラシー」一青ヨウが歌っている。これを聴くと、ワタシにしては非常に珍しく、切ない様な気持ちの中が碧くなっていくような感じになる。「ワンピースを重ね着する君」のワンピースの裾が見えたり、ハンドバッグから化粧が散らばるのが見えたり。(そして、この曲は陽水が奥さん(石川せり)に対して作った曲だそうで、それは大変に意外な事実だ。)
  
  しかしほんとにどれもいいなあ、などと聴いているうちにコロッケでき上がり。

  コロッケ
    肉コロッケと、コーンコロッケ
 
            がめ煮
                 がめ煮も頼んでくれました。


  
  一昨日の「SONGS 井上陽水part4(最終回)」は、part1,2と比べると、ワタシにはびんと来るものがあまりなかった。(サングラスした豊川悦氏が陽水に似ててびっくりしたが。それと沢木耕太郎を見られたのは価値あり。口の動かし方がちょっとだけオカマっぽかった。)それもきっかけとなって今日このアルバムを聴いたのだが、陽水の曲はやっぱり聴いてて面白い。飽きない。
  「TRIBUTE」は、陽水世代でない人たちに馴染みのある歌手が歌っているので、5年前のワタシのように陽水を知らない人が聴くのにいいかもしれない。おススメです。

  上の「商品詳細」をクリックすると、このアルバムを試聴できます。が、1,2曲目は聴かなくてもよいでしょう。
  3:「心もよう」一緒に歌う。
  4:奥田民生の「リバーサイドホテル」、いいです。「ピアノがいい」と師匠。
  6:「限りない欲望」桜井がハジけててとてもよい。
  10:「とまどうペリカン」歌詞が好き。
  11:「白い一日」本人(陽水)が歌ったほうがいい。反対に14:「少年時代」は本人より清四郎のほうがいい。(師匠談)
  他のもいい感じですから~。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード