スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

refreshing

 今朝はなんという気持ちの良い朝。


 昨夜は蒸し暑くて、6月に入るところだというのに団扇ではたはた自分に風を送りながら寝た。
 
 そして今朝。

 6時前の日曜日。車通りも少なく、静かな朝。
 
 半袖で外に出ると、なんとも気持ちの良い風がふぁーふぁーと、頭や腕にふれながら通り抜けていった。
 この時期この時間にしては、やや強すぎるように見える日差しがしっかり降り注いでいたが、風のおかげでただ爽快。
 しっかりした日差しは、正面から浴びるとまぶしいし暑く思えるが、背後から注がれるのはなかなかよろしい。
 後頭部から背中にかけて暖かくされる。
 この日差しと気持ち良い風に触れたら、悩める日本人の中の何人かは、安らぎや活力といったものを身体の中に感じることができるのではと思う。

 

 活力といえば、こないだの期間労働中、私に活力を与えてくれていたのは、やはり食べ物だ。

   オムレツ


 兄貴が朝時どき作ってくれたオムレツ。卵は2個半くらい使っている。
 この中にはチーズが入っていて、出来立てを食べると、そのチーズがとろ~んと糸引くように伸び、「わあ!」と歓喜の声をあげる人もいるのだが、私は冷えたものを食べるしかなかったので、「わあ!」は言えなかった。それでも兄貴が自分のためにフライパンを揺すり、火加減を確認しながら丁寧に作ってくれたオムレツは、とてもうれしく美味しかった。

 朝はこのオムレツか卵2個の目玉焼きを兄貴は作ってくれた。
 そして昼は親子丼とか、牛丼に卵を落として、またはオムライスなどということがあり、私は1日に卵を3つも4つも食べるという、これまでの人生の中でまぎれもなく、最も卵を沢山食べた期間だった。
 肉もいっぱい食べた。それもいつも殆ど食べない牛肉が多かった。
 元気に乗り切れるか少し心配したところも実はあったのだが、卵と肉とそしてやっぱりお米のおかげで、私は時に12時間の労働も、無事に笑顔で乗り越えられたのだ。


   。。  。。  。。  。。  。。  。。  。。

 
 さて、今読んでいるのは、小川洋子の『妊娠カレンダー』。

 だいぶ前の作品で芥川賞受賞作だが、まだ読んでいなかった。

 3篇収められているが、面白く読んでいる。静かで面白い。観察力と想像力、創造力、表現力。この人は文学部を出ているが、理数的なものが好きなのだろうか。『博士の愛した数式』もあったし。
 読んでいると、江国香織を思い出したが、あちらはより文学部っぽく、「江国香織的」といった感じがある。


 『妊娠カレンダー』には、食べ物のことがたくさん出てくるのも、私には楽しい。
 2篇目にお菓子が色々出て来たので、食べたくなってしまった。苺のショートケーキ、アップルパイ・・・
 自分で作るのはちょっと手がかかるし、部屋が暑くなる。
 買い物に行ったついでにスーパーおやつ(スーパーで売ってるおやつ)を簡単に買ってこよう。
 そうして足りない分は、夜にアルコールで楽しもう。
 今夕は朝散歩で摘んだミントをライチのお酒に入れて飲む予定。






    

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。