スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーで


 他人と喋らないので、人が集まるところに行くと、他人が喋っていることをよく聞いてしまうと思う。


 人が集まるところ、スーパーに行ったとき。

 
 「ああ卵買う?お父さん、卵まだあったっけ?」「まだあるよ」70代前半夫婦。

 
 「また破れちゃってさあ。もうワタシやめた、今度こそ」「ダメだよ最近のはさあ、どれもすぐダメ、そういうストッキングしか今ないよ」50代後半中年ご婦人二人連れ。


 「あ、これ今日百円だよ!あ!あっちのパン87円じゃん!!」「じゃああっち?」30代の夫婦。

 
 こういった会話を聞いて、チラッとその方々を盗み見る。そこから特に分析などはしないけれども。


 
 スーパーで、なぜかとても私の気がひっかかるのは、線香を買う人。

 この人は線香を買うんだなあと思う。遠い存在にも感じる。

 実家には仏壇があるし墓参りにも行くので、線香に馴染みはあるのだが、自分では買ったことが無いからなのか、そうなのだ。自分で買ったことが無いもの、さらに使った事すらないものだって他にも色々あるのに、線香はひっかかる。


 昨日、棚から線香を手に取っていた小さなお爺さんを見る。

 買い物を終えて帰る時、そのお爺さんとすれ違う。
 
 ものすごく目が合った。





  
 
 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。