もう若くはない自分の年になかなかピンとこないのだけれど、まだまだ幼い甥が成人したときに自分は60にも届かないが生きているだろうかと思ったりする。そしてタイトルにつられてこんな本を手に取ってしまう。


 
オレって老人?オレって老人?
(2013/06)
南 伸坊

商品詳細を見る


たぶん私が真の老人ではないために特別非常におもしろいということもないが、私的にタイムリーな話題もあり、なんとなく最後までさーっと読んでしまった。

話題の一つは中国茶。南夫妻が台湾へ行って飲んだ、または飲まなくて後悔したお茶のこと、台湾ではお茶は高価で決して裕福とは言わない庶民も高価なお茶を買う等、書かれている。



私も一昨日からまさに台湾のウーロン茶を飲んでいるのでした。

  ウーロン茶


これは私の従兄がくれた台湾土産。正確に言うと、従兄が母にくれたものが私に回ってきた。
「特級桂花鉄観音」と書かれている。特級と謳っているし、中国人が訳したのだろうやや不自然な日本語の商品説明には、品質優良で世界各地で売れ行きが良く、世界中で名声が馳っているのだと書かれている。


残念なことに生憎私は中国茶のことはよくわからないし、味覚も敏感でない。このお茶のすばらしさを十分に評価できるはずもない。テキトウに淹れたお茶を、商品説明に従って朝飲むと、美味しいなあと思うばかりだ。


鉄観音もウーロン茶の一種ではなかったか。すると、巷に出回っているペットボトルのウーロン茶はまさしく茶色いのに、このお茶は黄色がかった淡い色をしている。やっぱり特級だから。と納得する。



今日は珍しく身体の芯が浸かれているようで、これまた頂きものの入浴剤をお風呂に入れてみた。
「りんごとカミツレの蜜バス」という名の入浴剤は、甘くねっとり微かに爽やかな香り。浴槽に撒くと炭酸がはじけてシュワシュワ。これは非常にリラックス効果あり。
ただ気を付けねばならないのは、浴槽の底が蜜のせいでかむちゃくちゃヌルヌルになること。
これは本当の老人であったなら、危険すぎて絶対使用禁止!



夕食後にまだ残っていた貰いもののうなぎパイを齧りながら、自分はまだ人とのつながりがあるなあと思ったりした。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード