スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水玉の


昨日の徳林寺朝市は、一度だけ雪がチラチラとしたものの思っていたより寒くならずに終えることができ、ホッとしました。いらしてくださった方にもワタシたち出店者にも本当によかったです。
覗いてくださった方、お買い上げくださった方、皆さんありがとうございました。


来月は花まつりに合わせて、第一土曜日4月5日に朝市開催の予定だそうです。翌日6日にもお店は出るとのことなので、また沢山の方々がいらしてくださると嬉しいです。



 
マスク

お客様のTさまがマスクをくださいました。冬から5月連休にかけてマスクは必需品(風邪などの予防と花粉症)である私には、とても嬉しい贈り物でした。
写真右側の可愛らしい水玉マスクがもちろん頂いた方です。気持ちが軽くなるような黄色がとても気に入りました。水玉も特に集めたりはしていませんが好きです。去年だったかの誕生日に友人がくれたのも水玉マスクでした。そちらは薄い茶色に白い水玉。2色揃うとまたちょっと楽しい。
けれども可愛らしいマスクはどうもとっておきたくなってしまい、もっぱら日常使うのは使い捨てマスクか写真左の基本的白布マスクです。これは実家になぜか沢山あったもので数枚もらってきたのです。このマスクは顔がでかくないはずの私にもきつい位に小ぶり。耳が痛くなります。師匠に「耳が標準より後ろの方に付いているんじゃないか」と言われましたが、ううん、そういうこともないと思うのですが・・・。このマスクの製造年月日は定かでありませんが、きっとかなり昔のもので、その頃の日本人の顔に合わせて作られたのではないか。



もらいものと言えば、先日法事で実家に帰った時に春華堂のうなぎパイナッツはちみつ入りを母がくれました。誰かからもらったらしい。

うなぎパイといえば、夜のお菓子として有名ですが、その「夜の」という理由は精の付くうなぎによるものではなかった。初めて知りました。
安定した万人が喜ぶ味のパイをサクサクと食べた後ふと個包装の袋を裏返すと、書いてあったのです。


  

 うなぎの粉、夜の調味料ガーリックを配合し、

略)


「夜の調味料!」
1人の部屋、大きくハッキリした声で読み上げてしまった。

「夜の」理由はガーリックだった。


しかしニンニクとせずガーリックと英語にしたのはなぜだろう。うなぎにんにくだと泥臭い感じがするからだろうか。単にパイだからかな。


 

 あなたの暮しに微笑みのひとときを与えるお菓子です。



文の最後はこう締められている。

お菓子では特別もう微笑まないが、ガーリックは夜の調味料という新知識に微笑ませてもらいました。


コメント

美味しいおやつ

朝市ありがとうございました?
木皿は春休みに友人に渡しに行きます。またファン増えますね
ココア小豆、にんじんマフィン美味しかったデス。
娘の幼稚園は風邪が流行りだすど全園児マスク着用令がでます。今年はほぼ毎日マスクでした。なのでマスクは何枚も用意します。大人用のカワイイマスクを見つけた時は「やったぁ」と思います。で、マスクと言えばイソギンチャクさん。ガーゼのマスクは温かいから好きです。

ところで、NHKの白髪の人。最近見ないのですが知っていますか?
  • 2014-03-10 21:50
  • URL
  • たかなし #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。