スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の午後。


 やることが一段落したので、ちょっとだけ読書。


  
不倫と南米―世界の旅〈3〉 (幻冬舎文庫)不倫と南米―世界の旅〈3〉 (幻冬舎文庫)
(2003/08)
吉本 ばなな

商品詳細を見る


 
 読んだことある気がしながら借りたのだが、吉本ばなな世代だからか、なかなかしっくりきながら読める。雨だから昼でもやや薄暗い中で、こうやってちょっとだけゆっくりして本読めるなんていいもんだなあ。


 不倫ではないけど、トイレにおいてある本の中に夜這いの話があった。河合隼雄と中沢新一の対話で、「ブータンは夜這い天国」だと話していた。あのシアワセ実感№1のお国だ。なんとなく、そういうのがオープンで許されているのとシアワセ感て関係あるんじゃないかなあと思う。



 ブータンではないけど、微笑みの国タイ。今まで一度も戦争をしたことがない国。私は行ったことがないが、「意外と微笑んでなかったですよ、タイの人たち」とエリチャンは言っていた。この夏長野で出会ったエリチャン27歳。今ごろどうしているかなあ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。