スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひまつぶしに

 
  
夢見るごもくごはん夢見るごもくごはん
(1999/06)
中島らも事務局

商品詳細を見る




 これはほんとーにヒマつぶしのために借りてきた。中島らも、わかぎえふ、チチ松村の文章と、ひさうちみちおの4コマ漫画が、色々なテーマについて書かれている。

 この4人、それほど知らないが、特にわかぎえふという人は名前はきいたことあるがそれだけだった。役者さんで、エッセイなども書く人らしい。


 それで、ヒマつぶしにはまったく良かった。一つのテーマに関する文が短いのもいい。テーマはどうもわかぎさんが決めているようだが、そのためか、この人の書いたものが面白いのが多いように思う。同性だから共感できる部分が多いのだろうか。この人の”のびのび生きている”感じのエピソードに羨ましさを感じているのかも。

と言っても、中島らもも捨てがたい。鼻の穴にペンを入れて書いてるような力の抜けた感じが良い。

 思わず声に出して「ふーん」と言ってしまったのは、チチ松村の所で、大竹まことは双子だと読んだ時。それに、この人の相方のゴンザレス三上さんの話は気を惹かれるものがある。


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 
 

 並行して読んでいる本。

   
買えない味買えない味
(2006/05)
平松 洋子

商品詳細を見る




 ドゥマゴ賞受賞した本、確か。


 この人は日曜朝のラジオに月に一度、季節の味を紹介するのに出ていらっしゃる。その話し方は優しく落ち着いた静かな感じで、時には声小さすぎないかと思うこともある。

 そんな感じが好きだからか、このエッセイ本とのギャップが私には裏目に出た感あり。

 上手に書くなあと思う所もたくさんあるが、ちょっとイキが良すぎる文章というのか。そういえば前に読んだ『夜中にジャムを煮る』は、もっと走っていたなあ。



 ヒマつぶしにはごもくごはんの勝ちということで。





 


 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。