触覚


 ワタシの眉毛は、ある種の蛾の触角みたい。


 お風呂で鏡を見たときにそう思いました。



 そう遠くない昔にバイトした飲食店。翌日から来てと言われて面接が終わった後、厨房仕事だからすっぴんでいいかと尋ねると、面接した店主は言いました。「すっぴんでもいいけどホールの仕事も少しやってもらうと思うから、そうだねえ、眉毛だけ描いてきて」


 そう言われた時は、そういうものかと思っただけでしたが、今思い返すとあれは、ワタシの眉毛がそのままでは気色悪かったのかもしれないなあ。因みに、こう言われたと話した友人は、「失礼な人だね」と言っていました。自分ではあまり感じていなかったけど、ひとが見るとワタシの眉毛はちょっとした劣等感を持つべきものなのかもしれない。


  。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。


 ゆずって(歌手の)、ゆくゆくは、ビリーバンバンみたいになるのかなあとふと思う。

 ゆずは兄弟じゃないけど。どちらにも興味はないけど思った。


 興味ないけど『夏色』という曲は時々ふと頭に浮かんだりする。

 触覚に何か感じられるものがあるのかもしれない。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード