今日は・・・

 とえば今日はこんな日だ。

  スーパーに買い物に行ってレジに並ぶ。なんとなく視線を動かすと、隣のレジ、そのまた隣のレジ、またまた隣のレジに並んでいる人々の顔が、何故だかものすごーくはっきり見える。眉毛とか目の形とか口紅の色だとかが、くっきりはっきりこちらに向かってくるのだ。人々の顔だけが明るくなって見える。
  なんだこれは!
  急に視力がよくなったのか?
  いつもと変わらぬ平静さでレジの順番を待ちながらも、ワタシは一人静かに動揺している。

  スーパーを出て歩いていると、70歳は超えていると見られる二人の御婦人が、日傘を差しながらゆっくり並んで歩いている。二人とも上品な身なりで、話す声もやや高めの柔らかい声。
  その御婦人方を追い越しながら思う。
  「この人たちは、今一番何が楽しいのだろうか。」

  そんなことをワタシが考えるのは何故か。
  答えはカンタン。 ヒマ だから。
  レジで並ぶ人たちの顔がはっきり見えたりするのも、何も考えることがないからではないだろうか。

  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

  ょっと前の休日のこと。
  その日は気温があまり高くなくて、秋を感じさせる爽やかな風が、さあーさあーっと吹いていた。
  ワタシは愛車のスーパーカブ「おじいちゃん」に乗り、気持ちよく走っていた。
  時刻はお昼少し前。人影全く見えぬ交差点。ゆっくりと速度を落としたワタシは、ふと思った。
  (今自分はとても静かに生きているが、そうしていつか、静かに死ぬのだな。)と。

  ワタシはセンチメンタルとはかけ離れた所にいる人間だ。「スーパードライ」と呼ばれたことさえある。秋の風に吹かれてこんな風に思ったところで、そこにはセンチメンタルの欠片は見えない。悲しいとか恐ろしいという気持ちもない。また、死にたいと思ったこともない。「静かに死ぬのだな。」と、ただ思うだけなのだ。

  んなことも、ヒマだから思うのだ。
  誰かと喋っている時、仕事をしている時、晩のおかずを考えている時、汗をかいている時・・・こんな時にはワタシだって”死”のことなんて考えない。毎日頑張って働いている人や、家族のことを考えている人たちは、こういうことが途切れない。休日に気持ちがゆるむことがあっても、いつも頑張っているから「休む」体勢になるか、違うところに頭が行く。だけどワタシにはまったく途切れる時間がある。そういうことだ。
  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
  
  こんな風に考えたりする今日という日でも、食べるものは食べ、作りたくなったものを作る。

 tomato sauce
  いきのいいセロリを買ってしまったので作った、トマトソース。

  tomatosauce,
    そのトマトソースと野菜屋さんの野菜たっぷりの、スパゲッテイ。(茄子は皮が堅くなり始めました。ピーマンはしし唐の味がした。)

                 banana muffin            banana muffin ,garlic
    卵を使ったバナナマフィンと、グリルしたニンニク。(ニンニクはバターと混ぜてガーリックバターに)
   
   蒸し暑さがもどり、姿を消したはずの「蚊」に刺され、ワタシは今日も丈夫な身体で生きています。      
  
    

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード