スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師匠のおしえ

師匠のおしえ

 わたくしの大師匠は「山牛蒡セロリ」という。
 木の枝を使って椅子を作っていた師匠に弟子入りしたのは、もう10年前。
 山の師匠の工房で椅子作りを教わったものの、どうやらわたしにはその才がなく、一つどうにか完成したところで卒業となった。
卒業するには作文を書かなければならなかったが、その作文でなんとか合格。で、その時いただいた弟子名が山牛蒡イソギンチャク。
今わたしが「イソギンチャク食堂」という名の弁当屋をやっているのはそういうわけだ。

 師匠には卒業してからも実にさまざまな事、本、映画、歌、美術、庭などから筋肉のつけ方、痔にならない方法、回転寿司の楽しみ方にいたるまであらゆることを教えてもらっている。(昨日書いた「おいしい食べ方」も)
 わたしは今かなり気楽に生きているが、それはまったく大部分が師匠のおかげだ。

 「山牛蒡セロリのおしえ」のおかげで、とても生きやすくなったと思うのはこれだ。

  あともどりしない 

 それはたとえばこんな時。

 ドライブしていてお腹も空いてきたし「そうだ!回転寿司に行こう。」
 どの店に行こうかーあの店にしようかー、と喋っている時「ああっ!」けっこう気に入りのあの店を見過ごして通り過ぎてしまいました。さてどうする。まだ10メートル位しか越してないしユーターンしてもどろう?
 
 ちがいます。

 こんな時はつぶやきます。ゆっくりと
 「あともどりしない。/strong>」

 そしてそのまままっすぐ前を向いて、車を走らせるのです。あの店のサーモンはいつでもかなり美味しかったなあ、なんてことは露ほども思い出さないで。その先にきっとみえてくるだろう回転寿司屋に車も頭も進むのです。潔く。もしかしたらその30メートル先にカレー屋があって、ああやっぱり今日はカレーにしようなんてことになるかもしれません。そうして、「カレーにしてよかったね」なんてことにも。

 進んでしまったらもう後ろへは戻らない。
 この教えで店選びは早くなったし、仕事や日々の生活の中でも、買い物が手際よくなり、何かやる時にぐずぐず考えることもなくなってきた。これはとても楽なんです。

 では一度つぶやいてごらんなさい。ゆっくりと・・・
 
 「あともどりしない」
  
 大将
  セロリ師匠の猫作品 「大将」

 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。