スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日のご注文

 「 が め 煮 」 なべ


  今日のイソギンチャク食堂への注文は、「たっぷりのがめ煮」。

がめ煮

  見てお分かりかと思いますが、「がめ煮」というのは、「筑前煮」のことです。 九州の方の言い方でしょうか。

  これをご注文のお客様は「たっぷりと!」ということで、ご家族は大人2人に幼稚園児3人ですが、鍋の中身は10人前くらいでしょう。 鶏肉、椎茸、こんにゃくにたくさんの根菜たち。
  お父さんもお母さんも仕事で忙しい上に、料理をするお母さんが体調を崩してしまった。チャーハンなど簡単なものでなんとか済ませていたが、野菜大好きの子どもたちにちゃんとしたものを食べさせたい。そんなわけでイソギンチャク食堂に注文してくださったのでした。

  「薄味」が好きな方なので、よくある筑前煮のようにこってりしていません。
  色目も薄いでしょう。
  その分おつゆがたっぷりありますから、おつゆと一緒に召し上がってください。
  おつゆにも肉と野菜の旨味がしっかり入っていますからネ。 


  やな丸
  
  ところでこちらは、里芋です。 今日のがめ煮に使いましたが、
  「八名丸(やなまる)」という名の里芋。新城の方で作られています。(八名は地名です)
  加熱するとむっちりとやわらかく、煮物はもちろん、蒸して甘味噌などつけるだけの簡単な調理でも、とてもおいしくいただけます。

  里芋を買ったら、「ゲジゲジ」にあたってしまったことありませんか?
  「ゲジじゃない里芋の見分け方」をワタシは知らないので、今まで何度も悔しい思いをしました。
  ですが、この「八名丸」に限っては今の所「ゲジ」にあたったことありません。
  とてもおススメなんですが、ここら辺で売っているのを見たことがない。あまり流通してない商品みたいですね。

  新城方面にドライブされる際には、「八名丸」、一度お試しください。
  (時期的には、今が一番おいしいそうです。 「こんたく長篠」「ひまわり農協」などで買えます。)
  

こんたく長篠
な ん か い い も の

  NHKニュース(午前11時と午後6時)の「登坂 淳一アナウンサー」

  今日久しぶりに見た「なんかいい」ものです。

  ニュースは天気予報くらいしか見ないのですが、この人が画面に出ると、「あっ、のぼりざかさんだ!」と声に出てしまう。実の所、声を聞いただけでも反応する。

  「のぼりざかさん」は、いろいろが強い。

  その名前からして「のぼりざか」。
  
  そしてその髪の毛。誰でも最初にのぼりざかさんを見た時は「どうして?」と思うだろう。
  どうしてそんなに白髪頭なのか。
  まだ若そう(30代後半から40前半?肌はきれい。声も若い)なのに。
  どうして染めないのか?(白髪はだんだん増えているようだけど)
  NHKは彼の白髪頭について何も言わないのか?

  それから、頬が絵に描いたようにコケている。
  肌が白い。
  ネクタイは太め。(ワタシが知る限り)
  ・・・・・
  でも一番ワタシがなんか気になってみ見てしまうのは、「のぼりざかさんの目の光 
  落ち着いた声でニュースを読み上げているのぼりざかさんの細い目の奥~の方で、チリッ、チリッと光るのです。白い光が光るのです。

  
  「のぼりざかさん」を見るためにテレビをつけることはないけれど、偶然現れた時には決まって「のぼりざかさんの目の光」を確認してしまうのです。 
  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。