スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘いものを食べる

 の夏は猛暑続きと節電で、みなさんアイスクリームなどをいっぱい食べて太った人がけっこういるらしい。


 アイスクリーム、この夏食べたのは一度か二度。

 好物とも言えたものであったが、まったくと言っていいほど欲しなくなった。

 アイスクリーム売り場でその姿を見ると、「おいしいかなあ」と思ってしばらくその辺をウロウロしてしまうことはまだあるのだが、手は出なくなった。

 アイスを食べた後の口の中の甘ったるさを、鬱陶しいものとして、なんとなく想像してしまう。そして「いらない」と思うのだ。

 働き始めた頃、朝ごはんは甘いものだったことがある。饅頭や菓子パンなどだ。

 あんこは変わらずに好きだが、ああいった甘いもの(店で買ってくるような)は、ほんとに食べなくなった。

 
 その代わり、と言ってはナンだが、「チョコレートを食べたい」と思うことが多くなった。

 ちょっと前まで、チョコレートはあまり好きじゃないと思っていたのに。

 こういうのも、年齢に伴う変化なのだろうか。

 だから、チョコレート売り場でも、しばらくウロウロする。

 チョコレートが好きでなかった頃は、チョコレート菓子、つまりビスケットやクッキーといったチョコじゃない部分があるものの方が食べやすかった。
 
 けれども今は、シンプルな板チョコ。個別になったものでもよいが、形は板状がよろしい。(丸っこいのはどうも・・・)

 その、苦味が利いたやつをちょこっと齧りたくなるときがあるのだ。


 ウロウロ・・・

 そして、やっぱりこれも結局買わないまま終わる。

 なぜかと言うと、思うに、チョコレートを買い慣れていないから。


 そういったことで、家には買ってきた甘いものというのはほとんどいつでも、ない。

 甘いものが食べたいときは、作ったおやつ、それもない今は、レーズンの消費量とヨーグルトにきな粉メイプルシロップがけの登場回数が急にUPする。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。