スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欲するもの

 当屋が夏休みになり、毎日の食生活からグンと動物性食品が登場しなくなった。


 もともと野菜が好きなので、野菜がたっぷり食べられればうれしい。

 それに豆腐や納豆などの大豆製品。

 これらと主食になるご飯や麺類に、少しの海草。

 しかしワタシはベジタリアンでもビーガンでもマクロビ主義者でもないので、チーズやヨーグルトなどの乳製品や小魚などは少しづつ食べる。卵も二、三日おきくらいにいただく。(弁当やっているときに比べると摂取量は半分くらいだろうか)

 これで満足。

 そして夏休みに入ってからマクロビの本を何冊か読んだので、とりわけ肉や魚を食べたい気持ちが起こらないのかもしれない。


 けれどもなんとなく、最近腕や足がかさかさしてきたよう気がするのです。

 もともと乾燥肌ではありますが、特別空気が乾燥しているわけではないこの時季に、すねは粉をふいたようになっているし、腕をじっと観察すれば、ところどころおばあさんのような年寄りじみた細かいしわしわができている。

 そしてまた、顔色がよくない。これもまた、もともと血色のよくないほうなのだが、疲れているわけでもないのになんとなくどんよりした顔色。

 うーん。

 これはやっぱり食生活によるものか。


 動物性のものをまったく摂らない人たちの皮膚がカサカサして、顔色は悪いなどという話は聞いた事がないが、比較すると摂る人と比べてどうなんだろうか。

 ビーガンの調理には油を多く使うという。料理にこくを出すためだそうだ。

 ワタシが料理に使う油は少ないと思う。

 質のよい油を摂って、栄養面のバランスも取れるということなのだろうか。


 その人その人の体質や、活動量など違いがあるし、自分の身体に合う食べ物、身体が欲するものを取れるようにしたい。

 他人の身体が必要としているものはなかなか分からないが、自分の身体だけでも敏感にわかるようになりたいものだと思う。

 そして、なるべく身近にある、なるべくよいものを食べたい。


 


 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。