スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嗜好品

 
  コーヒーはなるべく飲まないようにしようと、ずいぶん前に決めたはずなのですが、飲んでしまいます。

  寒い時期はドリップしていましたが、夏はインスタントです。

  つまり、こだわりの珈琲、というわけではないのですが飲んでしまう。飲みたくなってしまうのです。

  コーヒーを飲みたくなったらお茶にしようと思い、緑茶、ほうじ茶、テン茶、紅茶、用意して、お茶を飲む習慣がもっと身についたらコーヒーは飲みたくなくなる、という目論見もありました。

  しかし、なかなか消えない「コーヒーのみたい」の気持ち。

  そして「コーヒーが飲みたい」時は、インスタントでもコーヒーが飲みたい。

  ご飯のあと、一仕事したあと、など何か終わったときにワタシは飲みたくなります。

  なんでだろう。一番気持ちがおさまる気がするような。

  そうして意志弱くインスタントコーヒーを入れてしまうとき、珈琲って嗜好品なんだなと毎回思うのでした。

     

 
  そういえばこの時期、冷蔵庫の製氷機が氷を落とす「ガラガラッ」という音をさせると、ついつい氷を一つ二つかじってしまう。特に暑くなくても、氷を欲していなくても。

  この場合氷は嗜好品でなく、「パブロフの犬」か。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。