スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銭湯で

  oct+1+001_convert_20101001132324.jpg 韮の花が咲いています。


 先日スーパー銭湯のK湯へ行ってきた。家から少し離れた所にあるそこへ行くのは1年以上ぶり。

 銭湯へ行くのも久しぶり、身体もちょうど上手い具合に疲れ気味の状態だったので、4時間位は入りたいと開店に合わせて家を出る。


 連休明けの平日、10時の開店時に既に待機している人々は9割方高齢者だ。

 ジジババに混じって中に入る。  正確にはお爺さんと、おばさんが多い


 スーパー銭湯の中での過ごし方であるが、ワタシのパタンはこう。

  頭や身体を洗う。
  サウナに入る。(5~15分)
  水風呂5分弱。
  露天。(15分~30分)
  再びサウナ。

 これを繰り返すのだが、今日は4時間という長期戦なので、露天の一角にある寝転べる所でただ寝たりして過ごしたりするのだ。


 K湯には露天に炭酸泉の風呂があって、そこが人気だ。

 銭湯がオープンした当初の炭酸の出具合に比べて、だんだんとパワーが弱まってきたという話も聞いたが、依然と人口密度が高い。
 そして低温でゆっくり入れるここが、おばさん、ばあさんたちの憩いの場、または彼女らが密集しているときなどは吹き溜まりとも言える場所だ。

 今日はそれでも連休明けでか割と空いていた。おばさんの身体が3つ4つ。

 ワタシは炭酸出口付近に集っている彼女らから少し距離を置いた位置に浸かって目を閉じる。


 「フイールにはこんにゃく金平があるけどねえ、ピアゴには売っとらん」

 「フイールのは128円ね」

 「食パンもフイールの方が安いよ、158円だもん。それに8枚切りもちゃんとあるし」

 「ワタシは食パンは8枚切りしか買わんの。パンはご飯にならんでね。パンはおやつだもんで。3回ご飯食べておやつにパン」

 「ああそんじゃ8枚切りでないと。それでね、パンに金平はさむとおいしい。ジャムとかより金平」

 「ワタシはねえ晩御飯が5時か6時、そうすると11時頃お腹が空いちゃってさあ、そうしたら金平を食べるの」


 おばさんたちはまったく元気だ。
 
 でかい声で話す彼女らの話はいやでも身体の向きを変えてもしっかり聞こえてくる。


 金平関係の話の後、一番若く一番大声のおばさんが、自分の息子について語り始めた。

 その、じきに30才になるという独身の息子は、同居しているのだが生活費を1円も出さない。そして、おばさんが常時冷蔵庫に入れておいてある3種類の100%ジュースはがぶがぶ飲むのに、たまに息子がまとめてアイスを買ってきたとしても「一つどう?」とかなんてちっとも言わない。夜は晩御飯の準備もして遅くまで起きてまっとるのにさあ・・・・

 という具合に、バカ息子の話を大声で、つまりいかに自分がバカ母であるかということを大声でしゃべり続けた。

 ワタシはバカ母になったことは勿論ないが、若い頃でかい声で喋る方だったので、それを思い出して少し恥ずかしくなった。

 しかしこの人が10人も入ればちょっと窮屈だなと感じる大きさの風呂の中で、お金の話や病気の話、面白くない話を延々とするのは公害、いや”口害”にはならないのだろうか。


 そのうちに新しいおばさんたちが入ってきた。

 1人ものすごいボリュームの茶髪大仏頭のおばさんがいたのだが、その人がワタシのすぐ横に。

 「ああげんきだった?」

 と喋り始めたその声が、ドス低いだみ声のオカマバーのボスママといった声だったので、ちょっとワタシは面白くなった。

 自分の顔を湯の表面に近づけると、ボスママのだみ声が湯の波に乗ってさらに色を付けて伝わってきたので秘かに笑ってしまった。


 でもまあ、話の内容は相変わらず面白くなかったので、軽い風のそよふく寝床へと移ったのだった。
 

 
 


 
  
  


 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。