スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水分

  
デッドエンドの思い出デッドエンドの思い出
(2003/07/26)
よしもと ばなな

商品詳細を見る


 夜中の布団の中でつらつらと読み、3日で読み終えた。

 余白も多めで短編集だから、あっという間に読んじゃった。


 始めにあとがきを読んだら、よしもとばななはこう書いていた。

 ・・・この中の「デッドエンドの思い出」という小説が、これまで書いた自分の作品の中で、一番好きです。これが書けたので、小説家になってよかったと思いました。

 「へえ」と思ったが、本の最後に収められているその話を最初に読んでみるでもなく、収められている順番に読んでいった。ワタシは順番どおりに読み進めていく方を好む。


 好きで読んでいたよしもとばななの昔の作品(昔は吉本だったけど)は、なんかすごいウェット感があったように思う。
 とろみのある水分で常に湿っているような。時にはもうたっぷりな水分がある。


 短編だからだろうか。今回のは、やっぱり”水”は感じるものの、小さくさらさらとそしてゆっくり流れているような感じがした。
 登場人物の影みたいなものが薄く読んだのも、短編だからなのだろうか。

 雰囲気は感じられたが、所々うわの空で読んでしまったので、もう一度読んだら、この作品の良さがもっとわかるかもしれない。

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。