快感

 音を出して出す気持ちよさを知る




 オナラをするのは気持ちがいいと最近感じられるようになった。しあわせプラス1。




 ワタシの場合たいてい、「ぶっ」または「ぶう」位の比較的短いオナラが出る。


 けれども例えば、

 「ブウーーーーーーーーーー!」



 というような長ーいオナラだったらもっと気持ちよいだろうか。


 あるいは、

 「バウッ!!!」

 
 というような爆発的タイプのオナラであったならどんな気分になるだろう。




 中学のときの修学旅行で、友人がオナラをしたことをはっきり覚えている。



 旅館について和室の部屋に荷物を置き、8人くらいで喋っているときだった。


 「ぶぶうーー!」


 笑っていたM子が腹に力が入ったのか、かなり大きな音をさせてオナラをしたのだ。10畳ほどのたたみ部屋の中、M子の尻からそれが出たことは1%も疑いようのない事実だった。


 一瞬部屋中が静かになった後、「ギャハハハー!」というでっかい笑いが起こった。


 コンマ何秒の時差で最初に笑い始めたのはオナラ張本人のM子だったことにワタシは気づいていた。


 15歳のワタシはその一連に、思春期真っ只中で大きな屁をこきそして笑っているM子のことを、「ステキだな」と思ったのだった。



 中学の修学旅行のそれ以外の記憶は、ほとんどまったく残っていない。


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


 口をおおっぴらに開けてするあくびも気持ちよい。



 それをやった後、あごに何も異常がないのを確認すると、うれしい。


  



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード