スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 前中はここんところ、ラジオのNHK第一放送を聴いている。



 今朝はラジオ深夜便の4時台に元アナウンサーだったサクライさんという女性が登場。


 物語・お話を”語る”活動をしている話だった。(読み聞かせともいうのだろうか)


 
 動きながら聴きながしているのだが、途中サクライさんがお話を読んでいるのが聴こえてきた。


 それは子ども向けの物語だったが、大人のワタシでも聴いていて気持ちよくなってくるようなものだった。


 話の内容がよかったというより、サクライさんの声と声の出し方、話し方がとってもよかったからだと思う。


 プロだ。


 『語りのプロ』というのもすばらしいな。




 
 サクライさんの話の中で「スーパーなんかで小さい子どもに向かってすごくきつい口調で話しているお母さんを見かける」というのがあった。


 そういう場面はワタシもちょくちょく目にする。


 ワタシには勿論子どもはいないが、ああいうのを見ると「あんなふうに自分がなったとしたら・・・・ゾッとする」と思って、自分に子どもは持てないと思うのだった。



 しかし自分の友達であるお母さん連中がきつく怒っているのを見たことはないんだけど、家ん中じゃちがうのかな。



 


 


 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。