スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歳を取る


 秋の虫の声、と思って聴いたのは、先週大雨が降った日。11日だったか。

 その少し前から、夜寝る前に、手がかさつくなあとハンドクリームを塗るようになった。

 立秋が過ぎたから、季節も律儀に秋かなあと思っていたら、朝一番にツクツクボウシが聴こえた。
 ツクツクボウシは秋というより夏の終わりだ。

 ラジオから「今日8月14日は・・・」と聞こえた時、え、もう?と思った。

 道やらアパートの階段やらに蝉やカナブンの死骸がぽつぽつ見える。たいていカナブンは腹を下にしているが、蝉は仰向けにひっくり返って腹を見せ足を縮めて死んでいる。蝉の死に姿は、見せつけられているという気がしなくもない。

 一年生きたんだなあと思う。
 自分がまた一年生きたんだなあと、誕生日を迎える日よりも感じる。
 季節の移ろいがそう思わせるのは、動物にしても植物にしてもやっぱり生き物の命がそこにあるからだろうか。


スポンサーサイト

プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。