スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mさん

 少し前に知り合った二つ年上の女性Mさんが、10日間のモロッコ旅行から帰ってきたようだ。


 Mさんは天涯孤独に近い。両親は亡くなり、一人っ子で結婚もしていない。親戚はチラホラいて、家族のようにしてくれる叔母さんが隣県にいるらしい。

 彼女は私と同様、定職を持たない。
 派遣やボランテイアに毛の生えたようなアルバイトを短期長期でやっている。職場は国内にとどまらず海外にも広がる。この生活を20代半ばから続けている。20年のキャリアだ。
 因みに今年1月から春までは沖縄のホテルで働いており、夏は北海道で働くそうだ。その間の期間、短期でバイトしたり、モロッコへ旅行したり。自分の貯金を見計らいながら、行きたい所に行きたいだけ行く。Mさんは株だかなんだか等の資格を持っていて、それを使った仕事もたまにする。
 Mさんの、そう簡単でなく考えなければならない唯一のことは、自分が死ぬ時にどうするか。
 Mさんはもうだいぶ前に亡くなったお爺さん名義の一戸建ての家と土地を持っている。一年の内そこにいる期間はとても短いのだが、建物のメインテナンスや庭の雑草抜きなどはやらねばならないこととして、頭の中にある。しかしその家で死のうとは思っていない。お爺さん名義というハードルをまず解決し、田舎で買い手のなかなかいない物件をなんとか売って、時期を見てシェアハウスに入り、終末を迎えようと考えている。


 Mさんと初めて会ったとき、私とそう変わらない年齢で、若干年上で、こんなふうに生きている人がいるんだなあと知り、勇気づけられたような気持になった。さらにMさんは言った。「これぐらいの歳で私みたいに生きてる人、けっこういるよ、特に外国行くとね会うよ。」


 とりえずわたしに必要なのは、軽い旅行に行ける位の健康な腰。そして元々の踏ん張りの効く身体を取り戻したら、どこでも行けるし働ける。昔より許容量の増えた精神で、ちょっとばかしイヤな所だって、健康な身体さえあればうまくやっていける。
 行きたい所は、国内そこかしこの温泉、外国なら手始めにハワイかバリあたり。行ったことのあるニュージーランドで軽く過ごして、その後、こうなったらアフリカか。
 一日3食ちゃんと食べ、時にはおやつも食べつつ家の中で寛いでいるだけなので、顔身体に新たな肉の層が加わった。姿見に移る自分は、平均よりずっと健康そのものだ。この常に目から入る情報でまず、気持ちによい効果をあげ、そこから身体にもよい影響を与えるだろう。必要以上の脂肪がついてしまった時には、それを筋肉に変えることをすれば、自分の身がいやどんなに立派なことになってしまうか。

 
 Mさんは北海道でひと夏を過ごした後、タジキスタンだかウズベキスタンだか、”タン”のつく国々周辺に行きたいと言っていた。



 
スポンサーサイト

ヒロシ


 ヒロシという芸人がいる。

 ラジオに出て来たので聴いていたら、同い年だとわかった。その時ちょっとうれしいような気持ちが沸いたので、これはめずらしいと自分自身に思った。
 団塊ジュニアの世代なので、芸能人や有名人に同世代や同い年は多いのだが、それがわかっても「ふーん」くらいにしか思ったことはなかった。

 ヒロシは、TVで見かけるようになった時から、わりと好感が持てる。

 ヒロシは、体臭がなさそうだ。

 NHKのアナウンサー二人が、もともとノリがいいのだとは思うが、非常に楽しそうにヒロシと喋っていたので、ヒロシもやはりなかなかやるなと思った。







むだに

 ショッピングモールの下りエスカレーターに乗った時、自分のすぐ後ろに乗ってきた夫婦らしき二人の会話が耳に入ってきた。

 声と話し方の感じから、30代半ばくらいではなかろうか。

 女性が言った。

 「あ~、むだに食べ過ぎた」

 その言葉がなんだかやけに強く耳に入ってきて、私は「むだに食べ過ぎた」というのを頭の中で数回反復した。

 
 「むだ」という言葉と「食べ過ぎた」という言葉を使ったことは今まで何回もあると思うが、それを一緒に使ったことはあったっけ、いやなかなか思い出せない。食べ過ぎたら次の食事を控えようとはなるけれども、自分の中には、食べ過ぎるということが無駄であるという感覚はないようだ。

 「むだに食べ過ぎた」とはっきりした調子で発言した女性は、以後むだなことをしないようにするのだろうか。
 あの声の感じだと、またするなと、私は勝手に思う。



 (コメントへ返信です)

 *タカナシさま*
   鍼灸院を教えてくださってありがとうございます。腰はなかなか良くなりませんが、とにかく何もせずにいるので少しづつよくなればと思っています。知り合いも鍼灸院に行っていた人がいるので、考えてみます。ありがとうございます。


 *キリノさま*
   お久しぶりです。
   7月10日のマルシェは、私行きますし、山牛蒡セロリ本人も行く予定です。ただ、セロリは用事があるので途中抜けると思います。晴れるといいですね。楽しみにしております。宜しくお願い致します。



夏かなあ


 昨日の夕方、しまい込まれていた扇風機が出番だよと言われて、定位置に登場した。
 夏の間の定位置。


 一昨日まで実家の豊橋に何日間かいたからか、ちょうど暑い日になったからか、昨日の名古屋は暑かった。
 部屋でコーヒーを飲んだら、汗が噴き出した。主に顔面、主に鼻の下と顎。私はここに汗をかきやすい。かっこよくないと思う。


 風呂上りにまた汗をかきそうになり、初め団扇ですまそうかまだ6月だからと思ったのだが、パタパタと扇いでみたところ身体の熱に間に合わないと判断。今年初の扇風機ということになった次第。
 使っている団扇は、ずいぶん前に多治見の「ぎゃるり百草」で買ったもの。なんで団扇なんて買ったのだろうと今は思う。熊本県で作られたものらしい。竹と鄙びた薄い茶色の紙でできている。紙の部分にはいつの間にか色んな大きさのシミができちゃっている。団扇なんて、どこかの店の宣伝が書いてあるプラスチックの柄のやつで全然かまわないと思う。自分にはむしろそういう俗うちわの方が似合っているのではと思う。しかしこの熊本団扇は良い所がある。竹の柄が細くて長い。扇ぐとき軽く手に感じよくしなって、いい風を送ってくれるような気がする。


 扇風機だ。
 家電に興味はあまりないが、好きな家電を言いなさいと言われたら、扇風機には第一位をあげてもいい。
 親近感のわく家電だ。
 たいそうな大きさでない。ずっと羽が回っていて、首を振り続けてくれる。それでいてうるさくない。
 自分のために働いてくれているという感じを、一番感じられる気がする。健気に働いてくれる。

 扇風機出たら夏だなあ。
 観ていた寅さんは夏の話で、帝釈天参道の店ののぼりには「くず餅」、おばちゃんは客にかき氷をかいている。
 実家の庭からとってきた青紫蘇をトーストに目玉焼きと乗せて食べたら、さわやかでおいしかった。


 この夏はどこかへ移動せずにじっと暑さの中過ごすことになりそうだが、小さなことで暑さを楽しみたいものだな。



残念な結果


人参酵母最高潮
   
  人参酵母、最高潮に活発の写真。

  この人参酵母を使って、いよいよパンを焼いてみたのだが、結果はパンとは呼べないだろうものになってしまった。

  原因は、酵母の発酵をさせ過ぎてしまったからだと思う。

  写真の時点で冷蔵庫に入れてあげればよかったのだが、PCで色々検索した所、「ぶくぶくが少し落ち着いたところで完成」とあったので、このあと何時間か室温においてしまった。

  粉と混ぜた時の感じで、こりゃあだめそうだなと思ったのだが、自分で作った酵母というのにはやはり、思い入れが強くはいってしまうもので、もうちょっともうしばらくと、かなり長いこと様子を見た。ダメな酵母を粉と混ぜると、どろ~んとした感じになる。多めの粉を継ぎ足しても、どろ~んからの脱出は無理だった。一日半待ってあきらめ、更なる粉と家にあったベーキングパウダーと重曹を入れ、天板一面フォカッチャ風に平らに広げ、高温で焼き上げた。
  猫用くらいの座布団ができた。


  食べてみた。
  酸味がちょっとあってライ麦パンぽい風味じゃないか。かなり”パンもどき”だけど。
 バターを塗ったらけっこういける。
  しかし大量の小麦粉からできている座布団は、そう簡単に減るものではない。止まらない味からはかけ離れたものであるし。

  とりあえず適当な大きさに四角く切って、大部分は冷凍庫に入れた。
  お腹が空いて何も見当たらない時に、私の胃袋に入るでしょう。

   



魚の絵

  関係ないけど魚の絵。


7月10日 大高ヴェルトマルシェ出店

 7月10日(日)に大高公園で開催される予定の"Vert Marche "に、山牛蒡セロリの作品を持って、出店することになりました。

 暑い時期ですが、ご都合よろしい方、是非覗きにいらしてください。

 雨天の場合は中止です。

  ヴェルトマルシェHP →  http://ameblo.jp/vertmarche/



 コメントへ返信 タカナシさまへ(返信がうまくできないのでここで失礼します)

  めちゃくちゃ久しぶりにブログを更新しましたのに、気づいてくださって、びっくり。ありがとうございます。
  お久しぶりです。タカナシさんは、ご家族皆さまもお元気ですか?こちらは腰の調子により完璧元気とは言えませんが、ほんとうにごろごろしているので問題はありません。

  7月10日のヴェルトマルシェ、ご都合あえばいらしてください。





  

すれ違う じいさんたち

 朝の散歩で、もっとも多くすれ違うのは、おじいさんだ。
 おばさんも多いが、わたしにはおじいさん。


 今朝は終盤に公園に入った。毎日同じコースは飽きるのだ。

 階段を上がっていくと、「いちっ! にっ! さんっ! しっ! ・・・」という大変に勢いのよい声が聞こえてきた。

 何だろうと思っていくと、一人のおじいさんが、低めの鉄を両手で握りつつ身体を斜めに支え、腕立てをしているのだった。

 遊歩道の関係で、わたしはそのおじいさんのすぐ目の前を通っていくかたちになった。
 挨拶をしようかちょっと迷う。
 「ごっ!ろくっ!しちっ!・・・」
 他人に聞かれたらハズカシイというような未熟さなどかけらもなく、「どうだ!」と言わんばかりのひたすら力強いおじいさんの掛け声に、あいさつは控えようという判断をわたしは下しました。


 この腕立てじいさんは初対面だったのだが、おなじみになってしまった顔というのもある。

 笑顔すぎるじいさん、である。

 この笑顔じいさんは、ほんとうにいつも、「ニッコニコ」なのだ。
 たいてい向こうからくるおじいさんとすれ違うかたちなのだが、おじいさんの眼鼻の具合がまだはっきり見えない地点から、このおじいさんは「笑顔!」というのが確認される。
 頬骨が張っていて、盛り上がった部分が赤らんでいるのが、いっそう笑顔度を高めさせている。
 おじいさんは、離れたところからずっと笑顔なのだが、「おはようございます」と声をかけるのはわたしが先だ。
 笑顔じいさんは入れ歯ではないかと思われる白く丈夫そうな歯を見せて、さらに笑顔をくれる。
 そしてうなづくように軽く会釈する。けれども「おはよう」という声は聞きとれたためしがない。

 とにかく”笑顔”のおじいさん。
 笑顔はいいものだ。
 笑顔は人の気持ちを和ませる。
 笑顔のおじいさんはいい。
 と、そう思いながら、こちらも他より大きな笑顔でおじいさんとすれ違いながら、わたしはいつでも、「この笑顔の裏には何かある」と思ってしまう。

 たぶんわたしも、裏のある人間なのだ。



   じいさん腕立て


   笑顔じいさん

 

ミステリに はまりつつあり


 もうほんとに時間だけは売りたいほどある。

 一日の大半何をしているかというと、寝ているか、寝ながら本を読んでいる。

 寝ながら読むのには、思いハードカバーより文庫本がよろしい。



 ラジオか何かでどこかの誰かが、「その女アレックス」というミステリーを推薦していたので、それを読んでみたら、まずまず面白く読めた。
 そこでネットでおすすめミステリーを検索し、その中からピックアップした2冊を続けて読んでみた。

 「カディスの赤い星(上・下)」 逢坂剛 著
 「死の蔵書」 ジョン・ダニング 著

 3冊目の「死の蔵書」は、出だし部分であまりノルことができない感じだったのだが、徐々に面白くなってきて、終わった時に一番面白かったのはこれかなあと思った。ハードボイルドミステリーに属するが、それだけで片付けられない部分もあり、また、古書を題材にした話なので、自分がアメリカ人で本に興味があったら、もっとずっと面白く読めるはずだと思う。


 今までミステリーにはあまり興味がなかったのだが、売るほどある時間を忘れさせてくれるのに、ミステリーは最適であると発見。

 なんらかの賞を取ったものなら大ハズレはないものと、それをたよりに次のミステリを検索中。






 
 
 

散歩にて・・・


  午後にも散歩をする。


   4コマ①


   
   4コマ②


  小学校1年生かな。



    4コマ③



 
    4コマ④


  どんな展開の遊びになるのか、とても興味を引かれる。
 
  あの年頃の自分には、思いつかない設定だ。

  周りの子どもらは、まったく興味無さそうな顔をしていた。




  DSCN0547_convert_20160610144020.jpg

  朝拾ったきれいな梅の実一つに、ザラメと酢をちょっぴり入れてみた。


ずっとひま


  人参酵母①


 ずーっとヒマ。

 なんとなくバターを買ったので、パンも作るかひさしぶりに、それじゃあ酵母からひとつやってみるかと思い立つ。

 冷蔵庫にあった人参と、冷凍庫に潜んでいた酒粕で作ってみる。

 
  人参酵母②

 写真は二日目で、昨日熱くなっているオーブンの隣に置いていたからか、もう分離してきてる。しずかにうれしい。


 何年も前に、キウイで酵母を作ってパンを焼き食べたらじんましんが出たという、忘れられない思い出がある。
 
 このきれいなオレンジの人参酵母は、わたしに辛くしませんように。



  
 ひまだから、絵手紙など描いてみる。

 どんな絵でも恥ずかしくない母に出す。

   
   DSCN0537_convert_20160608143648.jpg

プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。