スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しいかたち もしかしてプレイグ?

目の前に座った男40歳巨体特に横方向に向けて。黒いビニールのロングコート。中途半端に伸びたちぢれ毛、半開きの目からずり落ちるように鼻の頭にかかっている小さな丸メガネ。足の周りには何やら大きな紙袋やビニル袋。その中から先ほど買ったばかりの漫画週刊誌を取り出し、別の袋からおにぎりをつまみ出して食べながら読む。
と、漫画はしまい、その袋は頭上の棚へ。またもう一つの袋にあったマクドナルドのチキンナゲットの箱を取り出しソースを開けてまず指で舐める。2、3回続けて舐めたのち、ナゲットを付けて食べた。ハンバーガーをペッチャペッチャ音を立てて食べ、ゲップ。終始目は半開き。ゲーム機を出してやり始める。
降りる駅が来て降りていった。
ふと見上げると 棚に漫画週刊誌の袋が。忘れていったらしい。
………
見た目、行動、すべてが一つの正しいかたちだと思いました。
このような人を見ると、以前は簡単にマイナスな捉え方をしていた。けれども去年ミレニアムを読み、変わった。もしかしてこの男はプレイグのようなパソコンの超天才かもしれない。
これは自身にとって、よい変化だと思う。
スポンサーサイト

no title

朝の雨の名古屋が遠い昔のよう。目的地までもう少し。景色はどんどん白の面積が広くなっていった。ぼた雪が休むことを知らないように降っています。


夏、長野に入った時のアルプスを目にした時の高揚感みたいなのはない。静かなさざ波たつほどの心持ち。雪の中を走る電車には若い人も多くいた。こういう景色を見ながら育つ、あるいは生きている人には何か独特のものがその中に作られそうだ。


バスが来るまで1時間。石油ストーブの焚かれた暖かい待合室。奥にはリサイクル品で調えたようなカフェスペース。店員であろう中年女性が二人。サザンオールスターズが流れている。いい感じ。
と思っていたら、待つ人間が私一人になり、カフェは鉄格子とカーテンで閉じられサザンもその後を引き継いでいた鈴木雅之も消えてしまいました。

あと50分。。。

あと50分で私は雪国の期間労働者になります。

冬休み


 先週土曜日の徳林寺つながりの朝市。寒い中来てくださった方々、どうもありがとうございました。

 お名前は知らないけれど、顔馴染みになった方も何人かいらっしゃり、有難くうれしいことです。


 つながりの朝市は毎月第2土曜日に行われます。

 スタッフの方々ががんばっていらっしゃるようで、だんだんと形ができてきているように思います。

 まだ小さな部類に入る市で、もっと多くの方に知っていただきたい気持ちがありますが、このこじんまりとしてゆるい感じもいいなあと思うのでした。子どもの店とかもあるのもいいなあと。

 来月は私と師匠の出店はできませんが、2月にはまた参加させていただく予定です。


 そして、お弁当のイソギンチャク食堂は、この冬は少し長めの冬休みです。

 12月20日~1月18日まで約1か月の休みをいただきます。雪国で期間労働者として働いてきます。



 今年イソギンチャク食堂のお弁当、お菓子を食べてくださった皆様、本当にありがとうございました。

 セロリ師匠の木の作品を買ってくださり、愛用してくださっている皆様、ありがとうございました。

 
 皆々様、どうぞよいお歳をお迎えください。




 


 さて、イソギンチャク食堂の弁当配達は

寒いみたいですが。。。


 明後日14日の土曜日。

 相生山の徳林寺つながりの朝市、出店します。

 今年一番寒くなると天気予報で言っていますが、聞かないことにして、いつもどおり食べ物とセロリ師匠の作品を持っていきます。

 ご都合付く方、興味ある方、防寒万全でいらしてください。


 
  焼き芋の黄色


 オーブンで焼いたサツマイモの黄色がきれいで思わず写真に収めてしまいました。



 きれいと言えば、いまイチョウやもみじの紅葉が美しいですが、川の土手の斜面に生えているススキが、通るたびいいなあと思います。

 秋口にまず一度、ススキの美しさを感じる時があります。まだ穂先が開いてなくて、日が当たると透き通った銀色にキラキラ光る。綺麗です。

 12月にも入ったススキはもう、穂が開いてふわふわと頭を揺らしている。細長い葉は、抜いてからたいそう時間が経ったネギのような茶黄色になっています。その頼りない姿もなかなか美しいのです。

 ススキがきれいだと思う年頃に自分もなったか、とも思います。



 さて、”和食”が世界無形文化遺産になったとか。

 世の中のこと、政治のことにはめっぽう疎いですが、今回は思うことが一つ。

 これでお米がもっと食べられるようになるといい。

 パンやパスタもたまにはいいけど、やっぱり日本人はお米。私はお米をしっかり食べないと便秘になります。ダイエットでお米食べないという人もいるらしいけど、食べて動けばいいのです。動いて食べればまた美味しい。

 新潟だったかどこか米所のある町では、給食は毎日米食だと聞いたことがあります。日本全国そうなればいいのに。

 お米がもっと消費され適正に扱われれば、虚偽など悪さする人も少なくなるんじゃないかなあと思うのですが、どうだろう。

東別院朝市ありがとうございました


 28日の東別院手づくり朝市、山牛蒡セロリの出店場所は参道の端の端の方でした。

 ですが、朝市にくる方々がものすごく沢山で、隅っこにある多分今回一番小さくて目立たなかったセロリの店にも、何人もの方が足を止めてくださいました。風も強くて非常に寒い日でしたが、それも殆ど気にならないでいられました。有難うございました。

 お昼過ぎ、お弁当のお客様のT様がいらしてくださいました。なんでも美容院に行かれるついでに来てくださったとか。よい色合いの木皿をお買い上げくださいました。ありがとうございました。

 さらにT様は、私のだけでなく、師匠のブログも見てくださっているとのこと。それを師匠に伝えたら、非常に驚き喜んでおりました。


 12月14日の、徳林寺朝市でもよい出会いがあるといいです。




 
 

 

ゆず


 実家から小ぶりのゆずがひと箱送られてきました。



 親戚の家で無農薬のゆずが取れます。それを毎年この季節、私の所にも分けてもらえるのです。


 漬物や味噌に入れたり、蜂蜜に漬けたり、傷みがちなものはゆず風呂にしますが、大半はママレードになります。立派な大きさのゆずでないので、皮をむいたり実を取りだしたりするのは、かなりな労力と時間を必要とします。首肩が非常に疲れます。ほんとうにヒマで、身体も疲れておらず、気ままに暮らしているからこそできる作業だとしみじみ思います。


 今年はちょっと気が抜けていたのか、ゆずの計量がいい加減で、だから砂糖の量もすごくテキトウ。煮るときに種も一緒に入れるのも忘れました。かき混ぜたヘラに付いたのをちょろっと舐めてみたら、いつもより苦みが強い気がしました。大人向けということにします。カマンベールチーズがちょうどあるので、いっしょに食べてみようかな。


 
 ジャムやママレードを作った時はオマケの楽しみがあります。

 煮た鍋にへばりついているジャムのカスにお湯や紅茶、時には牛乳などを入れて温めて飲むのです。

 普段紅茶や牛乳に甘味料は入れませんが、このジャムカスでほんのり甘くなったオマケドリンクはうれしい甘さです。

 今回は簡単にお湯を入れました。今回のママレードはやっぱり少~し糖分が足りなかったみたいです。


  歌手のゆずはどうしてかなかなか消えないなあと、時々TVで見かけるたびに思います。


プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。