スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡村隆史

 岡村隆史は、ある角度から見ると徳永英明に似ている。


 岡村隆史の眉毛は、自然でいい。



 岡村隆史はなかなかいい。
スポンサーサイト

とっかえひっかえ

   


 腹が空いてきてしまったので、これはいけないと寝る体制に入る。



 枕元のライトを点けて、本を手に取る。

  
エトロフ発緊急電 (新潮文庫)エトロフ発緊急電 (新潮文庫)
(1994/01)
佐々木 譲

商品詳細を見る


 3つの賞をトリプル受賞した作品(山本周五郎賞、日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会賞)ということで予約して借りたのだった。


 内容は全く知らなかったが、昭和16年太平洋戦争が始まる直前の頃から話は始まる。
 佐々木譲氏の”第二次世界大戦三部作”の第2弾ということだった。


 時代物や戦争物にあまり興味はないのだが、この人の書く文章は落ち着いていてしかものりやすい。


 この2,3日かっとばしつつ途中まで読んでいたミステリーとは違う。

   
水上のパッサカリア水上のパッサカリア
(2007/03/20)
海野 碧

商品詳細を見る

 こちらも日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作であるが、ワタシにはどうにも読みずらかった。


 とにかく一文が長いのだ。

 それと、何故だか主人公はじめ登場人物にぜんぜん惹かれない(興味がわかない)のでだめだった。
 (犬はまあまあよかったけど)




 しかし『エトロフ・・・』は文庫じゃなくとても厚い本、しかも字が小さめで1ページ2段に書かれている。

 夜寝ながら読むにはちょっとつらい。


 それで一度エトロフを閉じ、目に付いたので借りてみた島本理生を手に取る。


 この人も初めて読む。芥川賞候補になったという本。2冊。

  
リトル・バイ・リトルリトル・バイ・リトル
(2003/01/28)
島本 理生

商品詳細を見る
生まれる森生まれる森
(2004/01/29)
島本 理生

商品詳細を見る



 字が大きくて少ない。アー見やすい。でもどうして読みやすくはナイ。


 うーむ、これが世代の違いというものだろうか。この2冊、若い人には読めるんだろうな。


 ワタシには「まあどうでもいい話」という気分しか生まれず、最初の10頁を越したあたりでこれも閉じてしまった。(もうちょっと我慢して読み進めると面白くなってくるかもしれない)


 そうして今度は『・・パッサカリア』のラストだけ読み、『エトロフ』を開いて2ページほど読み、「あ」と思いついてもう1冊を手に取った。


 
101個目のレモン101個目のレモン
(2001/09)
俵 万智

商品詳細を見る

  
 実は俵万智も読んだことがない。『サラダ記念日』のサラダ記念日の短歌くらいはもちろん知っているが。


 この人のエッセイだが、師匠の言われたとおりなかなか面白く読める。


 一つの話が短いし、この人のさっぱりした感じもよい。




 5冊の本をとっかえひっかえしてようやく落ち着いたと思ったら、突然ラーメンが食べたくなってしまった。


 野菜が程よく入ったすっきり塩ラーメンが食べたい。


 ・・・・・・・

 ああーー!これはもう何も知らなかったことにして寝るしかないと、ライトを消してずるずると布団にもぐりこんだのだった。


まないたもち

 起きて、紅茶を入れる 。 。 。



 ”紅茶を・・・”という「響き」がいい感じに思えたので、今朝は紅茶を入れることにした。




 えいこく屋のオーガニックウバ茶をさらさらとポットに入れた時思いついて、ワインに漬けてあった八朔スライスと生姜も入れてみる。


 茶葉を多めに入れたのでワインは殆ど香らないだろうと思っていたら、けっこう朝からアルコール摂取の様子。


 けれども今日は運転する予定はない。気楽にすする。



      バナナケーキとまな板


 きのう焼いたバナナケーキをスライスして、いっしょにいただきましょう。  


 オカラとヨーグルトを使い、ほんのちょっぴりの砂糖と蜂蜜。けれども十分甘くて砂糖ナシでも良いくらい。

 まったく、熟れた”甘熟王”の力だ。


 「バナナブレッド」のイメージで作ったわりには、水分が多かったのかしっとり感が強すぎ。

 (バナナブレッドと言ってもそれもケーキのようなものであるのだが、出来上がったときのイメージとして「ブレッド」がよかったのです)


 甘熟王はまだ2本あるので、もう1回作ってみよう。 


   。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。


 さて、バナナケーキの下にあるのはヒバのまな板だ。


 これは厚さが1.5cmほどと薄くて軽い。だからパンやお菓子を切るときに使う。


 セロリ師匠に注文して作っていただいたものだ。


 実は師匠は、「1番いいのを選べばいいから」と3枚も作ってくださったのだ。



   まな板3種

 左から、ヒバ、ヒノキ、ホウのまな板。


 ヒノキとホウは2cm以上の厚みがある。料理のときはこれらを使う。


 ヒノキのまな板は、使ったときの香りがいい。

 水切りも速い。



 ホウは重みがあって柔らかい。研いだ包丁が軽く突き刺さることもある。

 使い始めはかなり強い独特の匂いがしたが、今はそれはしなくなっている。



 そう、結局師匠は3枚ともワタシにくださったのだ。


 以前から持っている小さいまな板(木とプラスチック)2枚も、小さいから使いやすいこともあり、今や5枚のまな板使い。


 「まな板持ち」となった次第。






 

ビョンホンのからだ

 始まった韓国ドラマ『IRIS』



 録画しといたのを昨日見た。



 感心したのはやはり、イビョンホンの身体。

 あの肉体を作り上げるのにやっぱり相当努力したのだろうか。



 胸板がすごい。

 そうして腹はキュウッとへっこんでいるから一層胸の暑さが際立つのだ。


 焼けた肌の色もちゃんと作ったものなのかな。



 話のほうは期待したほどではなかったが、これから面白くなっていくといいなと思わせる所はある。


 このドラマの大きな要素の一つが”Romanse”であるのはわかるが、時々あほっぽいような甘めの場面が出てくるのはやめてもらえないだろうか。


 韓国の人ってああいいうの好きだよな。



 とにかく最大の要素は”ACTION"なのだから、心躍るようなアクションシーンが毎回出てくることに期待する。


 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。  。 。 。



 干からびた米粒を剥がそうと思ったら、爪と指の間に突き刺さって相当痛かった。


 米粒も凶器になる。
 
 

細胞年齢

    やけど


 けどをした。

 調理中、多めにひいた油の中に鶏を入れたら「ビヤッツ!」とはねたのだ。


 ひさしぶりになかなか大きい火傷だ。



 火傷はとにかく迅速に冷やすこと!


 4年前、餃子を焼こうとしてアッツアツの油を手に思い切り引っ掛けた時、焼きついた教訓だ。


 とは思いつつ、やらなければならぬことがあり今回はそれほど酷くないと余裕を見せて、しばらくしてからアイスノンを当てた。(餃子のときは指の皮がべろべろになった)



 火傷はできた直後より、しばらくたってからだんだんと痛みを感じるものだ。


 アイスノンをとっかえひっかえしたが、一日中じんじんと痛かった。



 けれども、自分のとりえの一つは「治りが速い」ことだと思っている。

 だいたいの怪我や病気は一日寝れば治る、と思っている。


 
 そしてその通り、アイスノンを当てながら寝たものの、起きた時には足元に転がっていたが、火傷の痛みはすっかり消えていた。
 赤い点々がひじの方にもポツポツ見えて、けっこう油が飛んだのだと知った。



 さて、治りが速いということは「ワタシの細胞がまだ若い」ということではないか、と気付く。


 これは第一にストレスと縁のない生活のおかげだ。


 そして朝のストレッチとラジオ体操。
 今朝はほんとにラジオにあわせてやっちゃったら、とても気持ちよかった。

 (ラジオだとかなりゆっくりの動きになる)


 起き抜けに柑橘類。

 胡麻かけご飯、春野菜の味噌汁、納豆、梅干し、海苔の朝食。


 
 バナナを食べた後、昼過ぎにギター練習をしながら今日はワインをグラス1杯ゆっくり飲む。

 (いつもと違う種類のワインを買ってみたらあまり気に入らなかったので、八朔のスライスを漬けてみたら程よく飲みやすくなった。)


 ワインを夜に飲むと、翌日の朝まで残る感じがあんまり好きではない。

 「そうだ、早い時間に飲んでしまえばよいのだ」と今頃わかったわけ。



 これで夕食も早くに食べちゃって、布団読書で早くに就寝。たっぷり睡眠。



 こうして書いてみると、ワタシの生活はまったく申し訳ないようなイイ生活だと思える。




 しかし自分の火傷の写真を撮るという行為はちょっと変態ぽい感じがする。

イソギンチャクもいきている

  い物の帰り道、昨日聞いたラジオのことを思い出した。



 ハカマミツオの日曜喫茶室。

 昨日の話題は『校歌』


 校歌に興味のないワタシは全く気持ちがのらなかった。


 けれども、昔歌った校歌を自分は果たして覚えているのか、と思って思い出してみた。


 小学校の校歌。最初の1フレーズが出てきたら、スラスラ歌える。

  
  さくらがおかに かすみたつ
  まなびのまどの あさひかげ
  においいでにし さくらばな
  これぞ あずまだ われらがぼこう


 6歳から12歳の6年間、こんな古めかしい歌よく歌っていたものだ。

 きっと我が母校の校歌は新しいものに変わっているだろう。

 (2番には、「いそしみあえる はらからや」なんて歌詞もある。意味わからんでしょう今の子どもには)



 買い物帰りの散歩途中だったので、低く小さい声で歌いながら歩いていたら、道にあったちょっと大き目の石ころを蹴っ飛ばした。

 けっこう強く蹴ったようで、石ころは”ぴょんぴょーん!!”という具合に転がり、信号待ちしていたおばあさんのほっそい足首めがけ飛んでいった。


 「!!

 
 ものすごくあせった。

 
 けれども石ころはなんと、約8センチ開いていたおばあさんの両足の隙間を通り抜け、その先の車道へ飛び出していった。


 「~~~

 
 その石ころが当たったら、骨が弱くなっているであろうおばあさんの足は大変なことになっていたかも知れぬ。


 たった何秒かの間にワタシは、緊張と弛緩を味わったのだ。



 昨日はスーパーカブ”おじいちゃん”のパンクしたタイヤを修すため、バイク屋まで引いて歩いた。


 ほんの5分ほどの距離だったが、店に着いたときワタシの心臓は2倍に膨らみ、シャツのすぐ下でまったく破裂するかと思うくらいドッグドッグと打っていたのだ。あんな心臓を感じたのは、すごく久しぶりのことだった。



 そんなこんなのことで、ワタシも生きてると思う。


            公園のつつじ

   つつじの咲き始めた季節に。。。。。



 

 
 
 

わすれたひとこと

 歩がてら薬局まで川沿いを歩く。



 「あー!!Sさーん!!!!!」


 突然呼びかけられて全身がビクッと固まるほどびっくりした。


 声の主は18歳の男子。

 以前バイトしていたコンビニで、週に一度同じシフトだったT君。

 半年以上ぶりの再会だった。



 T君は、乗っていたグレーのセダン(単身赴任で今は離れて暮らしているというお父様から譲り受けたもの)を道路のすごく迷惑になる位置に止め、わざわざ降りてきた。



 Tは今春高校を卒業し、法律の専門学校に入った。

 「法律の専門学校?それで何になるの?」

 と聞いたら、

 「消防士」


 消防士は一緒にバイトしている頃からなりたいと言っていた。

 運動神経がよくけっこう気が利くTには向いているのではないかと、ワタシも思っていた。



 Tはものすごい金の亡者で、とにかく稼ぐことを生きがいにしている高校生であった。


 「今月は目標15万。で、年間で150万はいきたい。扶養もやめる」

 などと言っては店の電卓を持ち出し、パタパタとおのれのバイトの稼ぎを計算するのがお決まりであった。(もちろんバイト中に)


 「金は欲しいけどね、ボクはケチではないよ」

 Tは年上の大学生と付き合っていたが、彼女の誕生日にはブランドの高価なものをプレゼントしたり、ついでにその弟にまでも何か買ってやるというやつだった。


 そんなTはいつも気力のまるでない目をしていたが、半年振りに見た彼はちょっと落ち着いて前より元気そうだった。痩せたのは勉強しているからだ、と言った。


 「ボクSさんにまた会いたいなあってずっと思ってたんですよー」

 Tは、八方美人だ。年齢問わず誰に対しても口がうまい。ある意味気持ち悪い若者と言える。



 非常な迷惑駐車をしているTの車に、通っていく人達が皆にらんでいく。


 「バイバイ」

 と手を振って別れた。



 空が青いなあと思いながら歩いて数分経ったとき、気づいた。

 「ワタシもTくんどうしてるかなって、時々思ってたよ」と言えばよかったと。


 ワタシはTに対してなんの思い入れも愛情も持たないが、どしてるかなと時々思ったのはほんとのことだからだ。

 金の亡者でありながら甘えん坊でもあるTにそう言っていたら、おばさん(ワタシ)の言葉ではあってもイヤな気持ちにはならなかっただろうに。ちょっとしたウルオイにだってなったかも・・・いや、それはないか。コトバよりカネ
か?



 家に帰って荷物を置くと、カエルと目が合った。

 アメリカヤマゴボウが手作りしてくれた、あみぐるみのカエルだ。

     かえるあみぐるみ


 気持ちの使い方の細やかなアメリカヤマゴボウだったら、「わたしも時々思っていたよ」ときっと言ったに違いない。

 


 

bananan bananan banana

 DOLEと甘熟王



  「朝・昼・晩3本食べちゃったから 今日はバナナ記念日」 



 時々行く小さいスーパーに行ったら、甘熟王を安く売っていた。


 「バナナの甘熟王は美味いらしい」

 と耳にしていたので、まだ食べたことのないそれを買うことにした。


 家にはまだDOLEのバナナが2本残っている。
 ワタシは今朝1本食べている。
 ワタシは一人暮らし。
 ワタシは大のバナナ好きではない。


 それらの事柄も考慮しつつ甘熟王を2房買った。


 売られている甘熟王はまだ食べごろではないし、こんな立派なバナナが1房百円で売られることは滅多にない。


 一度に熟れてしまったらお菓子を作ればよいのだ。


  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


 家に帰って買ったバナナをビニル袋から出そうと掴んだところ、触れたバナナが「ふにゅ」と言った。


 ワタシは「なに!」と声に出して言った。


 熟れていない甘熟王の1本の内側がうっすら青く変色していた。

 残念ではあるが仕方ない。

 なんとなく小腹が空いたような気分だしさっそく試食してみよう。



 さてその痛んだバナナは、巨体の半分ほどは黒ずんでユルユル状態になっていた。

 皮をむくとユル~と垂れ落ちてきた。ひどい。


 痛んだところは避けて齧ってみる。


 「普通だ」


 まずくは決してない。変な味もしない。でもとりわけ美味いともいえぬ。


 これは「痛んだ甘熟王」だったからだろうか。



 ワタシの目は自然な流れで、避けてあった黒ずみユルユル果肉に行った。

 それは熟れすぎているのではなく痛んでいるのだ。でも。。。。。


 ちょっと食べてみよう。




 おそるおそるほんのすこーし、かじった。


 「ウマイ」


 腐った臭いはない。

 バナナとしての食感はまああまりよくないが、くどくなくそれでいてしっかりした甘みがある。



 気付くとよけておいたユルバナナ全部口に入れていた。

 (断っておくが、ワタシは黒ずみバナナ果肉は苦手だ。いつもは食べない。)


 夕食にはチキンとトマトのスパゲッテイーをたっぷり食べ、食後にコーヒーとバナナ(DOLE)を食べた。
 (焼いた鶏もも肉が白身魚のような味だったので驚いた)

 
 そうして食べてみると、やはり甘熟王の味はけっこういいかもしれないと思うのだった。


 黒ずみ果肉は抜きにして。


 
 断っておくが、ワタシは日頃買いだめとかまとめ買いはしないほうである。

  安売りのもの(腐らないもので)を見ると多めに買おうかなと一瞬頭をよぎることもある。

  しかし立ち止まり商品を見つめていると、「いつ死ぬかわからないんだから」という考えになり、買わずにその場から去るというのがおきまりだ。
 


 


 

ハナミズキの季節

風に揺れるハナミズキ

  
 んなに早く咲いたっけ?ハナミズキ。


 そう思ったのが、1週間くらい前だったか。


 うーすべーにいろのー やさしいきみーのねー 


 と、一青ヨウは歌っているけれど、ワタシは白いハナミズキがすきだ。 

 
 花がいっぱい開いて枝が見えないほど満開、ではないのが好きだ。

 枝振りが見えてちょいちょいと緑の葉っぱも見えるのがいい。

 隙間のある白いハナミズキだ。



     元気取り戻したハーブ

 ベランダのハーブは再びイキイキとしてきた。

 冬、枯れてしまうかというほど弱弱しい姿になっていたのに、春のおかげだ。


 肌寒い春の日が続くが、そうして一気に夏が来てしまわないかと、小説の夏の場面を読みながらおもう。

眠れぬ本

 の読書。
 
 今読んでいるのは

 
  
魂萌え !魂萌え !
(2005/04/21)
桐野 夏生

商品詳細を見る


 面白い。

 だからドンドン読んでしまって寝るのが遅くなってしまう。
 (と言っても10時には寝る)

 
 主人公は59歳の主婦で、夫に先立たれたところから話は始まる。

 相続、不倫、痴呆、夜逃げなどの話題は、まだ若い人達にはあまりぴんとこないかも知れないが、ワタシにはタイミングよかったのだろう。(この本も師匠おススメ)

 また主人公と同世代の人の中にも、かえってこういう話は読みたくないという人もいるかも知れぬ。


 分厚い本だが話の展開も登場人物もうまいこと書かれていて、全然飽きさせない。

 主人公がなにかと落ち込むのにはやや疲れるが。それだけ話に入っちゃってるということか?


 この話は映画化もされているが、本で読んだ方がきっと面白いと思う。
               


 桐野夏生は「ミステリーの人」というイメージが強い。
 図書館の桐野夏生コーナーに見る『グロテスク』とか『残虐記』などのタイトルから、自分の嗜好とはちょっと違う作家だとして、あまり近寄らなかった。

 けれどもやはり、力のある作家のものはきっと面白いと思うから別の作品も読んでみようと思う。

いびょんほん

 M3:00 。。。


 腹がへったので夕食を食べる。

 お茶にお菓子でもつまんで、というのでは済まないほど空腹だったのだ。米が食べたかった。


 夕食時にはテレビを点けることが多い。

 そのときやっているTVを見るというより、録画して見ていない番組を見るのだ。


 けれども今日は、点けたTV画面にイ・ビョンホンが出てきたのでそのまま見てしまった。

 なんでも今日から連続ドラマをやるらしい。ドラマなんてここんところ全く見ないが、この『IRIS』ってやつは面白そうだ。
 予告で面白そうに宣伝するのは当たり前だが、韓国・イビョンホンでアクションだからね。

 ビョンホンの敵役だろうか。若い女のスパイみたいな人がまた、なかなか良さそう。


 イビョンホンといえばやっぱりこれです。

   
JSA [DVD]JSA [DVD]
(2006/06/23)
ソン・ガンホイ・ビョンホン

商品詳細を見る


 ソン・ガンホも出てたしな。


 ところで『IRIS』のビョンホンの吹き替えは藤原竜也だった。

 インタビューに出てきた彼は、もっと若い頃のキラキラ感は薄れたものの力の抜けた自然な表情がとてもよく見えた。


 イビョンホンも藤原竜也も、歳とってどんな俳優になっているかと楽しみな人たちだ。

思わず。。。

  
グラン・トリノ [DVD]グラン・トリノ [DVD]
(2009/09/16)
クリント・イーストウッドビー・バン

商品詳細を見る



 白いと聞いたので見てみた。クリント・イーストウッドは好きだ。



 話はとてもわかりやすくて、賞は取らないまでもよくできた作品だと思った。


 イーストウッドはおじいさんでもやっぱりカッコヨカッタが、高齢のためだと思うが声がちょっとかすれていて、のどの奥でタンがひっかかって喋るのにも力を使っているように感じさせた。


 その声を聞いていたら、「クリント・イーストウッドも死んじゃうんだなあ」と思った。


 映画の中でしか見たことのない人の様子に、久しぶりに思わず「死」を考えてしまったのだった。


 
  

別人メル

  
マッドマックス2 [DVD]マッドマックス2 [DVD]
(2009/07/08)
メル・ギブソンブルース・スペンス

商品詳細を見る


 のいい映画を見ろと師匠に薦められた。

 自分でこの映画を見ようとはなかなか思わなかっただろう。

 「バイオレンスアクション」にジャンルされることと、濃い顔(ワタシには)でムキムキのメル・ギブソンはあまり好みではないから。


 
 見た結果、面白かった


 若いメルは、顔も身体も細くワタシの知っているメルとはまったく別人のよう。
 細いメルの口から出てくる低い声がまた「おっ」と思わせる。

 登場人物(犬も)も皆個性的で面白い。


 カーチェイスや爆発物もあまり好きではないのだが、この映画のはなんだか見入ってしまった。

 メル運転するタンクローリーと悪者達の車やバイクが猛スピードで併走するところなど、「撮影もたいへんだっただろうなあ」と思ってしまった。



 30年くらい昔の映画だと師匠に聞いたが、古さをいい意味の範囲で感じられる優れた作品だと思う。

春もすすむ

  タバタと過ごすうちに、いつの間にか桜も終わり頃。明るい色の小さな葉を見せ始めている。


  桜について今年気づいたこと。
 

  雨にぬれた桜の木のよさ。


  微かにかすんだピンクと、黒く湿った幹のコントラスト。



  ああもう、道端にはタンポポが賑わっているなあ。


       

アバターなんて

 
  像すごい。


   
ディープ・ブルー スペシャル・エディション [DVD]ディープ・ブルー スペシャル・エディション [DVD]
(2005/05/27)
ドキュメンタリー映画

商品詳細を見る


  これも師匠おススメ。「何度見てもいい映画だ」と言っていた。


  素晴らしい海の映像。
  美しく怖い。

  
  これを撮るのにどれだけの労力だっただろうと思う。


  本物の海の映像は、CGの「アバター」なんか目じゃないよ。


  「アバター」見てないけどね。

間違いなく

   
制服捜査制服捜査
(2006/03/23)
佐々木 譲

商品詳細を見る


  師匠おススメ本。

  間違いなく面白かった。

  落ち着いた文章と臨場感ある話の流れ。

  小説を読むのが得意でない人にもきっと、面白く読める1冊でしょう。


  初めて読んだ佐々木譲。(実は今まで全く知らない作家だった)

  他の本も読んでみたい。   
 

プロフィール

isoginchaku

Author:isoginchaku
名古屋市緑区在住。たった一人の弁当屋。
只今休業中。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。